シアリスの詳細や説明、使用方法、副作用について

シアリスの説明

シアリスはアメリカのイーライリリー社から2003年に発売され、日本で認可されたED治療薬としては最新のもので、2007年に認可されました。バイアグラ、レビトラ(後述参照)とは異なる性質を持つ、新しいタイプのED治療薬です。なんといっても効果の持続時間が最大36時間もあるのが特徴です。その他レビトラと同様に食事の影響が少ないことも特徴の一つでしょう。そして、効果が現れるまでは他の2つに比べ時間がかかるものの、最大の特徴である持続時間のおかげで食事の影響を受けにくく、効果が切れる前に性行為を終わらせなければいけないというような焦りやプレッシャーから開放され自然体で性行為を行うことができるようになりました。またシアリスにも併用不可の薬があります。

男女

シアリスの使用方法について

行為の3~4時間前に服用します。個人差や、その日の体調により効果が現れるまでに差があります。先述したように併用してはいけない薬もありますので、実際使用される前に確認してください。空腹時のほうが早く効き始めます。また、食事の影響を受けにくいと先述しましたが、服用前の食事には800kclという制限があります。アルコールを飲みすぎると神経伝達が鈍るため勃起力が低下し、その場合薬の効果もでないので注意してください。ただし、適度なアルコールの摂取であればアルコールによる精神安定作用でリラックスでき、薬の効果を逆に引き出すこともあります。服用後10mgで20~24時間、20mgで最大36時間程度効果があります。服用は1日1回、服用間隔は24時間以上空けましょう。※効果が現れたら勝手に勃起するというものではありません。あくまで勃起のサポートをしてくれるものです。

シアリスの副作用について

女性とバラ

バイアグラと同様に顔のほてり、目の充血、頭痛、動鼻づまりといった副作用が挙げられますが、バイアグラやシアリスに比べて弱い傾向にあります。しかしその分、薬としての効き目もマイルドになっています。シアリスの効果が切れるころ副作用も消えるようなら気にしなくていいでしょう。頭痛や鼻づまりが気になる方は頭痛薬や鼻炎薬を併用しても大丈夫です。その他気になる症状が現れた場合は医師に相談することをおすすめします。